2017/11/08

年末調整・給与と雑収入の両方がある場合の確定申告

今年のわたくしは、扶養範囲内の働きでした。(''◇'')ゞびしっ

私は、給与収入と、雑収入の2つがあります。
雑収入は海外の仕事の収入(「給与」ではなく、「報酬」になるらしい)と、微々たるアフィリエイトなどの収入。

雑収入については、経費を認められるので、家賃やインターネット代、電気代もちょっと入れられる。


給与所得者の扶養控除等申請書に記入する金額


年末調整で、主人が書かされる書類
「給与所得者の扶養控除等申請書」で、

「控除対象配偶者」(私)の欄、右、
「年間所得の見積額」に記入する金額は、

所得なので、経費を引いた金額。

(給与収入-65万円)+(雑収入-経費)=所得

を入力。


今年は何と「0円」と書く。


この金額が、38万円を超えなければ、扶養の範囲内になる。

会社の経理に電話確認をしたのだけれど、ここの欄の金額は、とにかく38万円をこえているかいないかを見るだけなので、それ以下なら特にいくらでも構わないようなものらしい。


もし、38万円を超えてしまったら、もう一枚の用紙
「給与所得者の保険料控除申請書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申請書」の右側
「給与所得者の配偶者特別控除申請書」欄に記入をする。

主人の給料が1千万円を超えていたら、配偶者特別控除は受けれないが、1千万円ちょっと越えたぐらいの場合には、受けれる場合もあったりするので、とにかく記入をして提出しておけば、経理が判断して処理するとのこと。

配偶者特別控除とは、収入が103万円を越えても、金額に応じて、ちょっとお得を受けれる可能性があると言うもの。


税務署の税金相談窓口電話番号


税務署の税金相談の電話は、とりあえず税務署に電話をすると、「相談の人は1を押してください」みたく言われ、電話相談センターに電話をつながる。私はここに何度も電話をして、同じ質問を理解できるまでしていますが、優しく教えてくれます。。。

前回、仕事を始めるころに相談で電話した時には、とにかく確定申告をしろと言われ、2か所から収入があるからなのかなと思ったので、金額にかかわらず確定申告をするために領収書を集めていました。

が、今日電話をしたところ、金額を告げると、確定申告いりませんって。

あ、そうですか。。。w(無知すぎですかね(-_-;))


経費を引いた合計が38万円越えたら確定申告


給与からは65万円を引く。
雑収入からは経費を引く。

その合計(所得)が、38万円を超えたら、確定申告しなければならない。
関連記事
SPONSORED LINK

最後まで読んでくれてありがとう☺
ブログランキング

コメント

非公開コメント